JR九州高速船㈱ビートル

新型コロナウイルス
感染拡大防止対策

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、当社ではお客さまやスタッフをはじめ、
BEETLEに関わるすべての人たちの安心・安全な環境を守るための予防措置に真剣に取り組んでいます。

船内の改善

  • 01.
    船内の空気循環の徹底
    船内の空気循環の徹底

    船内の空気は、常に船外から新しい空気を取り入れ循環させ、その後排出することにより、概ね20分で全て入れ替わる仕組みになっています。ウイルスや菌などが蔓延することを防ぎます。
    停泊中は乗船口等を開放することで、換気対策を強化しています。

  • 02.
    船内の空気清浄設備の導入
    船内の空気を常に入れ替え

    船内の各所には、オゾンとマイナスイオンを発生・拡散させる空気活性機を設置いたします。それにより船内の空気の除菌や消臭を強化いたします。

    オゾンとマイナスイオンで空気清浄

    導入設備:J.air(ジェイエア)

  • 03.
    船内の消毒の徹底
    船内の消毒の徹底

    テーブル、ひじ掛け等の座席周り、トイレのドアノブ、手すり等のお客さまの手が触れる部分、及び座席、壁、窓、カーペット、荷物棚等、船内各所の消毒を行っております。
    なお、船内の各所には手指消毒用アルコールやシートクリーナーを設置しており、ご自由にお使いいただけます。トイレのドアノブ等は航行中も定期的(30分~1時間毎)に消毒を行います。

    ※消毒作業は夜間清掃時に実施します。

  • 04.
    定員を約半分に
    座席を約半分に

    (例)
    ビジネスクラス:120名→72名に(定員の60%)
    スタンダードクラス:382名→191名に(定員の50%)

    ※団体でのご利用等、便により定員の数は多少前後する場合があります。

  • 05.
    乗下船時のご案内について

    乗下船に際しては、船内での密集・密接を避けるため、座席エリア毎にご案内させていただきます。

スタッフ・接客の対応

  • 06.
    チェックインカウンターでの
    消毒や感染防止対策
    チェックインカウンターでの消毒や感染防止対策
    チェックインカウンターでの消毒や感染防止対策

    各カウンターではお客さまの受付が終わられるたびに、スタッフの手指消毒や、受付台周りのお客さまの手が触れる部分に対して消毒を行っております。
    また、チェックインカウンターにはビニールカーテンを設置いたします。

  • 07.
    スタッフの健康管理の徹底

    スタッフの健康管理の徹底

    スタッフは出勤前にセルフ健康チェック(体温測定と同居家族の体調確認)を実施し、本人又は同居家族に発熱や咳など健康状態に何らかの異常を呈している場合は自宅待機を行います。
    全社員は手洗い・うがい・咳エチケット等の基本的な感染予防策を徹底し、出勤時又は乗務前には担当者による健康チェックを実施しております。

  • 08.
    スタッフはマスクを着用
    スタッフはマスク・メガネ・手袋を着用

    お客さまに安心してサービスをご利用いただくため、客室乗務員及び地上スタッフはマスクを着用させていただきます。

    ※客枝乗務員は、船内販売やビジネスクラスでの軽食・お飲物のサービス時に着用

お客さまへのお願い

皆さまに安心してご利用いただくために、以下の点についてご協力をお願いいたします。

  • ●マスク・フェイスシールド等の着用をお願いします。
  • ●咳エチケットへのご協力、大きな声での会話はお控えください。
  • ●ソーシャルディスタンスの確保をお願いします。
  • ●ターミナルでの検温時、体温が37.5℃以上の場合は乗船をお断りすることがあります。
  • ●直近の健康状態を質問させていただき、回答結果次第では乗船をお断りすることがあります。
  • ●定期的な手洗い、手指の消毒をお願いします。ターミナル・船内の各所に消毒液を設置しています。
  • ●トイレご利用時、汚物は蓋を閉めてからお流しください。
  • ●トイレのハンドドライヤーは利用できませんので、ハンカチをご持参ください。
  • ●体調が優れない場合のご利用はお控えください。

お客さまの安全のため、
真剣に対応していきます。
これからも変わらず、BEETLEをご愛顧ください。